20172016 | 201520142013201220112010200920082007200620052004|2003|2002|2001|2000
 
DATA 2006
 
RESULT INDEX
2006.03.10 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
        『レジェンド・チャンピオンシップ&“市街地型実戦武道”第6回掣圏真陰流トーナメント』
2006.05.28&30 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
        初地方興行 『九州2連戦〜プロレス&“市街地型実戦武道”掣圏真陰流特別トーナメント〜』
2006.06.07 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス『旗揚げ1周年&初代タイガー25周年特別興行』
2006.09.20 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス『リアルストロングスタイル始動』
2006.12.12 初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス『リアルストロングスタイル頂上決戦!』

2006.12.22
MARS 06“RAPID FIRE”
開催日時:2006年12月22日(金) 開場17:30 開始18:30
開催場所:横浜文化体育館
■第8試合 −97kg契約 総合ルール 5分3R
  ○桜木裕司 vs ファビアーノ・サイクロン(ブラジル/ターゲット)×
  2R1分55秒 TKO(ファビアーノの負傷によるドクターストップ)


2006.12.12
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『リアルストロングスタイル頂上決戦!』

スカパー!放送予定日:12月16日(日)24:00〜26:00 767ch日本文化チャンネル桜にて! 


開催日時:2006年12月12日(火)開始18:30
開催場所:後楽園ホール
■第1試合 ZERO1-MAX提供試合 60分1本
 ○日高郁人(ZERO1-MAX) vs 高西翔太(ZERO1-MAX)×
  10分39秒 ショーンキャプチャー→ギブアップ
■第2試合 第9回掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 ○加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍) vs 菅田清仁(東海南体育協会)×
 判定3-0
■第3試合 第9回掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 ○滝沢 充(スーパータイガージム群馬) vs 飛鳥一撃(ターザン後藤一派)×
 1R0分45秒 KO
■「掣圏真陰流」演舞 桜木裕司(掣圏真陰流師範) 瓜田幸造(掣圏真陰流師範代)
■第4試合 第9回掣圏真陰流トーナメント決勝戦 7分1R 決勝戦
 加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍)× vs ○滝沢 充(スーパータイガージム群馬)
 
判定0-3
■第5試合 セミファイナル 60分1本
 ○ 折原昌夫&小野武志(トンパチマシンガンズ) vs 池田大輔(風天) &イナズマジュンジ×(フーテン預り)
 13分35秒 ムーンサルトプレス→体固め
■第6試合 メインイベント 60分1本
 初代タイガーマスク× vs ○鈴木みのる(パンクラスミッション)
 16分24秒 TKO(セコンドタオル投入)

大会概要
■入場料金:RS席 8,000円  A席 6,000円  B席 5,000円
■主催:リアルジャパンプロレス、スーパータイガージム、
■協賛:レッドリボン推進実行委員会/鰍「くた/潟宴Cクライフ/轄b曜会グループ/かまだ家/チェアウォーカー快適情報誌WaWaWa/アルファオート/パチンコデルMON/皆DIエージェンシー/日通トレード/レインズインターナショナル/他
■協力:財団法人エイズ予防財団http://www.jfap.or.jp/ /武道通信/掣圏真陰流興義館/KIAI PROJECT
■チケット発売所:e+ イープラスhttp://eplus.jp/tiger(PC&携帯)
チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド、後楽園ホール、チケット&トラベル T-1、書泉ブックマート、バトルロイヤル、チャンピオン他
■一般発売日:10月22日〜
■お問い合せ:KIAI PROJECT 03(5778)4995


第9回 掣圏真陰流トーナメント出場選手プロフィール
■滝沢充(タキザワ ミツル)
1974年7月19日・32才 スーパータイガージム群馬所属 168cm 68kg 掣圏道
出場歴:4回目(第3回&5回&7回掣圏真陰流トーナメント出場)
主な戦歴・獲得タイトル:第3回&7回掣圏真陰流トーナメント優勝、第5回掣圏真陰流トーナメント3位、藤原敏男杯04年・05年優勝
■加藤 誠(カトウ マコト)
1976年10月1日・30才 ピンクタイガーモンスター軍所属 174cm 74kg 総合格闘技
出場歴:4回目(第4&5回&6回掣圏真陰流トーナメント出場)
主な戦歴・獲得タイトル:第6回掣圏真陰流トーナメント準優勝、第1回アマチュアパンクラス80kg以下級準優勝、2000年アマチュアシュートボクシング東海大会優勝、CMA-KPW第2代王者、第5回「藤原藤魂祭」F2ルール75kg以下級準優勝
(WKA世界ムエタイライト級王者、小林聡推薦選手)
コメント:「お客様に喜んで頂ける試合が出来る様に頑張ります。」
■菅田清仁(スガタ キヨヒト)
1968年10月11日・38才 東海南体育協会所属 168cm 68kg サンボ
出場歴:2回目(2006.6.7.第7回トーナメント出場)
コメント:「優勝します!」
■飛鳥一撃(アスカ イチゲキ)
1968年10月13日・38才 ターザン後藤一派所属 178cm 85kg 空手
出場歴:初出場|主な戦歴・獲得タイトル:正道会館新人戦3位
備考:実践空手で約20年のキャリア。空手、総合格闘技、プロレスまで幅広くこなす格闘家。

掣圏真陰流トーナメント試合規定
1.試合時間:5分1R (決勝のみ7分1R)
2.試合用具:掣圏真陰流「スーツ型道衣」・オープンフィンガーグローブを着用
3.階級:95kg以下級
4.有効技:パンチ・キック・膝蹴り・タックル・投げ・絞め・関節技・グラウンドでの打撃(限定)
  ※以上の攻撃は道衣を掴んでおこなっても良い
5.反則:頭突き・肘打ち・噛み付き・目つき・金的
      ・後頭部への打撃(蹴りで正面から巻き込むのは可)
      ・グラウンドでの顔面への踏みつけと膝蹴り・試合場の施設を利用(ロープ等)
      ・自ら膠着を誘発するような動き・礼儀を失した言動(即失格 →勝ちの取り消し)
6.ブレーク:主審が膠着とみなした場合は即刻「ブレーク」を宣告しスタンド状態で試合再開
 ※市街地戦想定のためブレークは早目となる
7.勝敗:「一本」
      ・KO(打撃や投げで完全にダウンした場合)
      ・TKO(主審・ドクターによるストップ)・関節技、絞め技による「ギブアップ」表示
      「判定」
      ・主審1名・副審2名による旗判定。引き分け、延長戦は無し
平成18年5月23日現在
掣圏真陰流


2006.12.07
■12月6日(水)〜11日(月)まで渋谷ハチ公前の大型ビジョン(渋谷ハチ公交差点向い「109-2」角の「三千里薬品」の上)にて、初代タイガーマスク・リアルジャパンプロレスのCM映像が流れます。各日午前10時〜深夜0時の間に約60回の放映が予定されています。


2006.12.05
■12.21リアルジャパンプロレス『リアルストロングスタイル頂上決戦!』記者会見が行われました。


2006.12.01
■大変お待たせ致しました!「Y.N.JUNFAN工房」改め「YN工房」より新商品『Vパワーメッシュ』の予約受付開始です!詳しくはYN製マスク通販のページを御覧下さい。


2006.11.29
■FT製イージーオーダーの生地にオレンジラメ、黄色ジャージ、ブリオーサ(薄手ベージュ)が追加となりました。ボアはつやなしAでの製作を終了致しました。つやなしBも廃版により在庫限りでのお受付けとなります。


2006.10.28
MARS 05 “MARCHING ON”
開催日時:2006年10月28日(土) 開場16:00 開始17:00
開催場所:両国国技館
■第9試合 −97kg契約 総合ルール 5分3R
  桜木裕司 vs ファビアーノ・サイクロン(ブラジル/ターゲット)
  1R 0分15秒 アクシデントによりノーコンテスト


2006.10.25
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
開催日時:2006年10月25日(水) 開場:18:00 開始19:00
開催場所:後楽園ホール
■第2試合 ミドル級戦 5分2R
  藤井陸平(和術慧舟會RJW)× vs ○瓜田幸造
  判定0-3


2006.09.25
■初代タイガーマスクのマグカップと「武士魂」Tシャツが出ました!グッズ通販ページをご覧下さい。


2006.09.20
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『リアルストロングスタイル始動』

スカパー!放送予定日:9月24日(日)14:00〜16:00 767ch日本文化チャンネル桜にて! 
開催日時:2006年09月20日(水)開始18:30
開催場所:後楽園ホール
■第1試合 第8回掣圏真陰流トーナメント1回戦A 5分1R
 杉谷和彦(ストライプル)× vs ○宮本裕向(暗黒プロレス666)
  2分13秒 マウントパンチ→レフェリーストップ
■第2試合 第8回掣圏真陰流トーナメント1回戦B 5分1R
 ○山崎祐嗣(フリー) vs 高橋“YOUNG”直樹(プロレスリングFTO)×
 1R判定3-0
■「不二流体術」演舞 第二代目宗家 田中光四郎先生&門弟  
■第3試合 プロレス 60分1本
 ○アレクサンダー・大塚(AODC) vs 佐々木恭介(U−FILE CAMP)×
  5分52秒 逆エビ固め
■第4試合 第8回掣圏真陰流トーナメント決勝戦 7分1R 決勝戦
 ○宮本裕向 (暗黒プロレス666) vs 山崎祐嗣(フリー)×
 
1分24秒 TKO
■第5試合 セミファイナル 60分1本
 ○鈴木みのる(パンクラス MISSION) vs 折原昌夫(メビウス)×
 15分02秒 ドリルアホールパイルドライバー→体固め
■第6試合 メインイベント 60分1本
 初代タイガーマスク× vs ○飯伏幸太(DDT)
 5分33秒 レフェリーストップ

大会概要
■入場料金:RS席 8,000円  A席 6,000円  B席 5,000円
■主催:リアルジャパンプロレス、スーパータイガージム、
■協賛:レッドリボン推進実行委員会/鰍「くた/潟宴Cクライフ/轄b曜会グループ/かまだ家/チェアウォーカー快適情報誌WaWaWa/アルファオート/パチンコデルMON/皆DIエージェンシー/日通トレード/レインズインターナショナル/他
■協力:財団法人エイズ予防財団http://www.jfap.or.jp/ /武道通信/掣圏真陰流興義館/KIAI PROJECT
■チケット発売所:e+ イープラスhttp://eplus.jp/tiger(PC&携帯)
チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド、後楽園ホール、チケット&トラベル T-1、書泉ブックマート、バトルロイヤル、チャンピオン他
■一般発売日:8月7日(月)10:00〜
■お問い合せ:KIAI PROJECT 03(5778)4995

第8回 掣圏真陰流トーナメント出場選手プロフィール
■宮本裕向(666)175cm 80kg
広島県廿日市出身 24歳 2003年8月2日WMFでプロレスデビュー。退団後は666所属としてさまざまな団体に参戦する。テーマ曲 「One Night Carnival」氣志團(TOCT 4391)
■高橋“YOUNG”直樹(プロレスリングFTO)174cm 85kg
30歳 2005年11月プロレスリングFTOでデビュー。柔道12年 空手2.5年 
■山崎祐嗣(フリー)183cm 92kg サッカー、総合格闘技。10戦4勝6敗
■杉谷和彦(ストライプル ウエスト東京)174cm 85kg 柔術。5戦1勝4敗

掣圏真陰流トーナメント試合規定
1.試合時間:5分1R (決勝のみ7分1R)
2.試合用具:掣圏真陰流「スーツ型道衣」・オープンフィンガーグローブを着用
3.階級:95kg以下級
4.有効技:パンチ・キック・膝蹴り・タックル・投げ・絞め・関節技・グラウンドでの打撃(限定)
  ※以上の攻撃は道衣を掴んでおこなっても良い
5.反則:頭突き・肘打ち・噛み付き・目つき・金的
      ・後頭部への打撃(蹴りで正面から巻き込むのは可)
      ・グラウンドでの顔面への踏みつけと膝蹴り・試合場の施設を利用(ロープ等)
      ・自ら膠着を誘発するような動き・礼儀を失した言動(即失格 →勝ちの取り消し)
6.ブレーク:主審が膠着とみなした場合は即刻「ブレーク」を宣告しスタンド状態で試合再開
 ※市街地戦想定のためブレークは早目となる
7.勝敗:「一本」
      ・KO(打撃や投げで完全にダウンした場合)
      ・TKO(主審・ドクターによるストップ)・関節技、絞め技による「ギブアップ」表示
      「判定」
      ・主審1名・副審2名による旗判定。引き分け、延長戦は無し
平成18年5月23日現在
掣圏真陰流

「不二流体術(ふじりゅうたいじゅつ)」
不二流体術は開祖である故・古賀不二人氏から第二代目宗家・田中光四郎氏に伝えられ各地で伝えられる武道。応用として短刀や棒術などの武器術も備えられている。


2006.09.16
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
開催日時:2006年09月16日(土) 開始18:00
開催場所:ディファ有明
■第4試合 ヘビー級戦 5分2R
  ×桜木裕司(掣圏会館) vs ○水野竜也(U-FILE CAMP登戸)
  2R3分20秒 ギブアップ/チョークスリーパー


2006.08.26
MARS in 両国国技館 〜 NEW DEAL 〜
開催日時:2006年08月26日(土) 開場16:00 開始17:00
開催場所:両国国技館
■第4試合 -83kg契約 総合ルール 5分3R
  瓜田幸造× vs ○マルセロ・ブリッド
  1R4分44秒 チョークスリーパー


2006.07.29
■興義館道場開きが行われました。


2006.07.28
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
開催日時:2006年07月27日(木) 開始19:00
開催場所:後楽園ホール
■第2試合 ライトヘビー級戦 5分2R
  桜木裕司(掣圏会館)× vs ○福田力(KILLER BEE)
  判定0-3


2006.07.21
MARS ATTACK 01
開催日時:2006年07月21日(金) 開場17:00 開始18:00
開催場所:新宿FACE
■第4試合 -83s日本代表選手ワンデイトーナメント1回戦 5分2R
  ○瓜田幸造 vs 小川健×
  1R1分43秒 TKO
■メインイベント -83s日本代表選手ワンデイトーナメント決勝戦 5分2R
 瓜田幸造× vs ○三原秀美
  判定(0-13ポイント勝ち)


2006.06.07
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『旗揚げ1周年&初代タイガー25周年特別興行』

スカパー!放送予定日:3月10日(土)24:00〜26:00 767ch日本文化チャンネル桜にて!
開催日時:2006年06月07日(水)開始18:30
開催場所:後楽園ホール
■第1試合 プロレス
 ○柿本大地(DDT) vs 中澤マイケル(DDT)×
 10分52秒 エルボードロップ→片エビ固め
■第2試合 第7回掣圏真陰流トーナメント1回戦A 5分1R
 ○滝沢 充(スーパータイガージム) vs 菅田清仁(東海南体育協会)×
 判定3-0
■第3試合 第7回掣圏真陰流トーナメント1回戦B 5分1R 
 加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍)× vs ○佐藤大希(MAXジム)
 
一本0分43秒
■第4試合 撃剣(真剣)試合トーナメント 1回戦 第1試合  全日本戸山流居合道連盟
 柳田義博× vs ○長谷川康治
 
一本1分35秒
■第5試合 撃剣(真剣)試合トーナメント 1回戦 第2試合
 ○伊藤博貴 vs 一色大吾×
 一本2分05秒
■第6試合 撃剣(真剣)試合トーナメント 決勝戦
 ○伊藤博貴 vs 長谷川康治×
 一本2分29秒
■第7試合 第7回掣圏真陰流トーナメント 7分1R 決勝戦
 佐藤大希(MAXジム)× vs ○滝沢 充(スーパータイガージム)
 一本0分12秒
■第8試合 レジェンド・チャンピオンシップ 60分1本
 ○王者・折原昌夫(メビウス) vs 挑戦者・神風(ZERO1−MAX)×
 10分29秒 リングアウト
■第9試合  メインイベント 60分1本
 ○スーパー・タイガー&石川雄規(バトラーツ) vs 鈴木みのる(パンクラス)&アレクサンダー大塚(AODC)×
 13分43秒 変形エビ固め

大会概要
■入場料金:RS席 8,000円  A席 6,000円  B席 5,000円
■主催:リアルジャパンプロレス、スーパータイガージム
■協賛:レッドリボン推進実行委員会/株式会社いくた/株式会社ライクライフ/株式会社甲曜会グループ/株式会社エイチアイシー/かまだ家/チェアウォーカー快適情報誌WaWaWa/アルファオート株式会社/パチンコ デルMON/株式会社FDIエージェンシー/日通トレード株式会社/他
■協力:財団法人エイズ予防財団http://www.jfap.or.jp/ /武道通信武士道志塾掣圏真陰流/掣圏会館/KIAI PROJECT
■チケット発売所:e+ イープラスhttp://eplus.jp/tiger(パソコン&携帯)/チケットぴあ/ローソンチケット/CNプレイガイド/後楽園ホール/チケット&トラベル T-1/書泉ブックマート/バトルロイヤル/チャンピオン他
■発売日:4月27日(木)10:00〜
■お問い合せ:KIAI PROJECT03(5778)4995
■テレビ放送 :スカイパーフェクトTV!767チャンネル【日本文化チャンネル桜】にて、大会の試合を録画中継予定

第7回 掣圏真陰流トーナメント出場選手プロフィール
■加藤誠(ピンクタイガーモンスター軍)174cm 74kg
第4〜6回大会出場、CMA-KPW第2代王者、第5回「藤原藤魂祭」F2ルール75kg以下級準優勝。第6回掣圏真陰流トーナメント準優勝。(WKA世界ムエタイライト級王者、小林聡推薦選手)
■滝沢充(スーパータイガージム)165cm 72kg
第3回&第5回大会出場、第3回掣圏真陰流トーナメント優勝。藤原敏男杯04年・05年優勝。

掣圏真陰流トーナメント試合規定
1.試合時間:5分1R (決勝のみ7分1R)
2.試合用具:掣圏真陰流「スーツ型道衣」・オープンフィンガーグローブを着用
3.階級:95kg以下級
4.有効技:パンチ・キック・膝蹴り・タックル・投げ・絞め・関節技・グラウンドでの打撃(限定)
  ※以上の攻撃は道衣を掴んでおこなっても良い
5.反則:頭突き・肘打ち・噛み付き・目つき・金的
      ・後頭部への打撃(蹴りで正面から巻き込むのは可)
      ・グラウンドでの顔面への踏みつけと膝蹴り・試合場の施設を利用(ロープ等)
      ・自ら膠着を誘発するような動き・礼儀を失した言動(即失格 →勝ちの取り消し)
6.ブレーク:主審が膠着とみなした場合は即刻「ブレーク」を宣告しスタンド状態で試合再開
 ※市街地戦想定のためブレークは早目となる
7.勝敗:「一本」
      ・KO(打撃や投げで完全にダウンした場合)
      ・TKO(主審・ドクターによるストップ)・関節技、絞め技による「ギブアップ」表示
      「判定」
      ・主審1名・副審2名による旗判定。引き分け、延長戦は無し
平成18年5月23日現在
掣圏真陰流

真剣(刃引き※)「撃剣試合トーナメント」   〜『武道通信』代表 杉山頴男氏解説より〜
※刃引き=刃をつけてない、また刃をひきつぶした刀剣 
竹刀剣道だけでは、サムライが真剣をどのように使って戦ったかはわかりません。湾刀である日本刀の反り、また鎬(しのぎ)をどう操作したのかは竹刀剣道だけでは永遠にわからないでしょう。
 剣道高段者でも巻き藁も斬ったことのない者も多く、果たして「刃筋」を立てるという剣道の基本がどこまで会得できているのでしょうか。 それより増して、竹刀剣道と真剣(刃引き)剣道の大きな違いは、間合いに入っていくときの恐怖感です。この恐怖感に打ち克つことが、本来の剣道の第一の基本です。
幕末期の真剣斬撃談として、鯉口(こいぐち)を切ったその瞬間、恐怖を感じた方が負ける(死ぬ)ということが多く語られています。竹刀剣道だけでは本来の剣道から遠退いていきます。
 近年、武道、武士道復興が唱えられてきたことは喜ばしいことですが、古文書だけから解釈するのでなく、戦闘者であるサムライとはナニモノであったか?それを知るためにはサムライの “商売道具”である武器を、彼らがどう操作したかを知ることが一番の近道であり、サムライを体感できるのです。
 防具はフェンシング防具をベースに考案しました。切先の「突き」が一番危険です。フェンシングは突きの剣術です。いま開発途中ですが数ヵ月後には、顔が見える面防具も完成するでしょう。
 6月7日のリアルジャパンプロレス『旗揚げ1周年&初代タイガー25周年特別興行』に於いて、前大会で巻き藁斬りを披露していただいた全日本戸山流居合道連盟(籏谷嘉辰会長)門下生4名による撃剣試合トーナメント(3試合)を行います。これは前述した本来の剣道、剣術を復活を目指す事始です。
戦前の剣道大会では優勝者には日本刀が贈られていました。敗戦後、日本刀は軍国主義の象徴と見なされ剣道界からも敬遠され、現在では美術品として鑑賞が主流です。この撃剣試合は、日本人の魂である「日本刀」の復権でもあります。
刃引きといえ真剣での勝負は剣道史初でありましょう。平成の日本人諸君、6月7日、目の当たりにサムライの戦いをご見分あれ。
               
日本文化放送チャンネル桜(スカイパーファクト767ch)「週刊武道通信TV」の6月4日放送にて参加選手が出演し、防具など紹介します。http://www.ch-sakura.jp/
『武道通信』掲示版(無名銘)の3月7日付けに防具の写真が掲載されています。(6月7日は道着は紺色となります)また同じく同日付「草莽!杉山奮戦記」にて、小輩が刃引き真剣試合の体験を語っています。お読みいただけましたら幸いです。http://www.budotusin.com/
『武道通信』代表 杉山頴男


2006.06.06
■リアルジャパンプロレス旗揚げ一周年を記念してFT製『STデモ』マスクを期間限定の特別価格にて販売する事になりました!詳細はFT製マスク通販のページをご覧下さい!


2006.06.02
SURPRISING-4 梶原一騎20回忌追悼記念・第9回梶原一騎杯 KICK GUTS 2006
開催日時:2006年06月02日(金) 開場17:00 開始17:30
開催場所:東京・後楽園ホール
■第5試合 スペシャルマッチ 60分1本
  ○初代タイガーマスク&折原昌夫 vs 石川雄規&ライオン丸(木村浩一郎)×
  12分54秒 逆さ押さえ込み


2006.06.01
■6月3日(土)スカイパーフェクTV!【FIGHTING TV サムライ】の「ニュース侍!(Ch.301・21:00〜22:00)」にてリアルジャパン・初代タイガーマスク、佐山サトルのゲスト出演が予定されています!


2006.05.28&30
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
初地方興行 『九州2連戦』プロレス&“市街地型実戦武道”掣圏真陰流特別トーナメント

『九州2連戦』福岡大会
開催日時:2006年05月28日(日)
開場18:30 開始19:00 (観衆850名)
開催場所:福岡県・久留米リサーチパーク http://www.krp.ktarn.or.jp/
       〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1番1号 TEL:0942-37-6111(代表)
■プロレス 30分1本
  ○アステカ&KING vs KAZE&日高洋輔×
  
12分16秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
■掣圏真陰流福岡トーナメント 1回戦=A 3分1R
  江川哲也× vs ○山本武春
  判定 3-0
■掣圏真陰流福岡トーナメント 1回戦=B 3分1R
  ○野口信貴 vs 金子修×
  1分27秒 TKO
■プロレス 30分1本
  ○堀田祐美子 vs 阿部幸江×
  11分52秒 ピラミッドドライバー
■プロレス 30分1本
  ○スーパー宇宙パワー vs 阿蘇山×
  6分48秒 スタンディングアンクルホールド
■掣圏真陰流福岡トーナメント決勝戦 3分2R
  野口信貴× vs ○山本武春
 
判定 3-0
■プロレス 30分1本
  ○アジャ・コング vs 亜利弥×
  12分21秒 直下式ブレーンバスター→片エビ固め
■プロレス タッグマッチ 60分1本
  ○初代タイガーマスク&折原昌夫 vs アジアン・クーガー&ジ・ウインガー×
  11分01秒 エビ固め

大会概要
■入場料金:SRS席 7,000円  RS(1階自由)席 5,000円 立見・一般 3,500円  立見・小中学生 1,000円
■チケット発売所:イープラス
http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=011785&ks=15(直通)
http://eee.eplus.co.jp/index.html(パソコンも携帯も同じ)
■主催:株式会社協和ワールド
■一般チケット発売日:4月1日(土) 10:00〜
■お問い合せ:KIAI PROJECT03(5778)4995

『九州2連戦』長崎大会
開催日時:2006年05月30日(火)
開場18:30 開始19:00 (観衆550名)
開催場所:長崎県・シーハットおおむら サブアリーナ http://www.seahat.net/
   〒856-0836 長崎県大村市幸町25-33  TEL:0957-20-7200
■プロレス 15分1本
  ○KAZE vs 日高洋輔×
  8分02秒 ジャーマンスープレックスホールド
■掣圏真陰流長崎トーナメント 1回戦=A 3分1R
  ○スコーピオン・ニック・ヒョード vs 廻 淳乃介×
 1分11秒 KO
■掣圏真陰流長崎トーナメント 1回戦=B 3分1R
  ○中村勇太 vs 小川 剛×
  判定
■プロレス 30分1本
  ○堀田祐美子 vs 亜利弥×
  15分19秒 ピラミッドドライバー
■プロレス 30分1本
  ○阿蘇山 vs 新泉浩司×
  9分59秒 マグマスプラッシュ→片エビ固め
■掣圏真陰流長崎トーナメント決勝戦 3分2R
  ○中村勇太 vs スコーピオン・ニック・ヒョード×
  1R 2分48秒 アキレス腱固め
■プロレス 2対3ハンディキャップ(変則)タッグマッチ 45分1本
  ○アジャ・コング&スーパー宇宙パワー vs 阿部幸江&ジ・ウインガー1号&ジ・ウインガー2号
  16分18秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
■プロレス タッグマッチ 60分1本
  ○初代タイガーマスク&折原昌夫 vs アステカ×&アジアンクーガー
  9分23秒 回転足折り固め

大会概要
■入場料金:2階自由席 5,000円 立見・一般 3,500円 立見・小中学生 1,000円
※SRS席 7,000円、RS(1階自由)席 5,000円の席種についてはイープラスでは取り扱っておりません。イープラス以外での販売情報はKIAI PROJECTまでお問い合せ下さい。
■チケット発売所:イープラス
http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=011785&ks=16(直通)
http://eee.eplus.co.jp/index.html(パソコンも携帯も同じ)
■主催:株式会社協和ワールド
■一般チケット発売日:4月1日(土) 10:00〜
■お問い合せ:KIAI PROJECT03(5778)4995


2006.05.02
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
第2代ヘビー級王者決定トーナメントAブロック 準決勝戦
開催日時:2006年05月02日(火) 開場18:00 開始19:00
開催場所:後楽園ホール
■セミファイナル 第2代王者決定トーナメントAブロック 準決勝 5分2R
  ○ポアイ菅沼(TWIST) vs 桜木裕司(掣圏会館)×
  1R4分47秒 レフェリーストップ


2006.04.09
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
開催日時:2006年04月09日(日) 開始16:00
開催場所:ディファ有明
■第4試合 ミドル級戦 5分2R
  △瓜田幸造(掣圏会館) vs △中西裕一(6位・フリー)
  ドロー


2006.04.06
■地方の皆様よりご要望を多く頂いてました「初代タイガーマスク直筆サイン色紙」の販売を始めました。


2006.03.16
■テレビ東京「東京爆旅」(金曜深夜26:45〜27:15)に佐山サトルがゲスト出演致します。17日、24日の放送が予定されています。

■桜木裕司がERTAINから2月23日発売のプレイステーションポータブルソフト「ギャンブルコンファイト」にキャラクターモデルで登場しています。http://gcs.ertain.com/characteredit.html
2月23〜25日の間、各局でTVCMがオンエアーされました。

■スーパータイガージム群馬よりTシャツ第2弾「掣圏道」が出ました。グッズ通販ページをご覧下さい。


2006.03.10
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『レジェンド・チャンピオンシップ&“市街地型実戦武道”第6回掣圏真陰流トーナメント』
開催日時:2006年03月10日(金)開始18:30
開催場所:後楽園ホール
■第1試合 掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 ○細江俊裕(截空道相楽本部) vs 井上 敦(ストライプル)×
 判定3-0
■第2試合 掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 ○加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍) vs 戸高陽平(截空道総本部)×
 01分09秒 腕十字固め
■第3試合 掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 嶋田昌洋(截空相楽本部)× vs ○坂上崇大(IMNグラップリング)
 判定3-0
■第4試合 掣圏真陰流トーナメント1回戦 5分1R
 立原基大(ピンクタイガーモンスター軍)× vs ○牧山勇樹(截空道総本部)
 判定2-1
■第5試合 特別試合 キックボクシングルール 3分3R(肘なし)
 桜木裕司(掣圏会館)× vs ○山宮恵一郎(GRABAKA)
 判定2-0
■第6試合 掣圏真陰流トーナメント準決勝 5分1R
 ○加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍) vs 細江俊裕(截空道相楽本部)×
 03分56秒 腕十字固め
■第7試合 掣圏真陰流トーナメント準決勝 5分1R
 ○坂上崇大(IMNグラップリング) vs 牧山勇樹(截空道総本部)×
 02分43秒 腕十字固め
■第8試合 レジェンド・チャンピオンシップ
 ○王者・折原昌夫(メビウス) vs 挑戦者・Gamma(フリー)×
 15分03秒 ムーンサルトプレス→体固め
■第9試合 掣圏真陰流トーナメント決勝 7分1R
 ○坂上崇大(IMNグラップリング) vs 加藤 誠(ピンクタイガーモンスター軍)×
 01分55秒 レフェリーストップ(パンチ連打)
■第10試合 メインイベント 60分1本
 ○初代タイガーマスク vs 丸藤正道(プロレスリング・ノア)×
 11分57秒 逆さ押さえ込み

大会概要
■入場料金:RS席 8,000円  A席 6,000円  B席 5,000円
  ※立見:3,000円は指定席完売時のみ発売。
■主催:リアルジャパンプロレス、スーパータイガージム
■協賛:レッドリボン推進実行委員会/株式会社いくた/株式会社ライクライフ/株式会社甲曜会グループ/株式会社エイチアイシー/かまだ家/チェアウォーカー快適情報誌WaWaWa/アルファオート株式会社/パチンコ デルMON/株式会社FDIエージェンシー/日通トレード株式会社/武道通信/他
■協力:財団法人エイズ予防財団http://www.jfap.or.jp/ /武士道志塾掣圏真陰流/掣圏会館/KIAI PROJECT/e+ イープラス
■チケット発売所:e+ イープラスhttp://eplus.jp/tiger(パソコン&携帯)/チケットぴあ/ローソンチケット/CNプレイガイド/後楽園ホール/チケット&トラベル T-1/書泉ブックマート/バトルロイヤル/チャンピオン他
■発売日:1月21日(土)午前10時〜
■テレビ放送 スカイパーフェクトTV!767チャンネル【日本文化チャンネル桜】にて、大会の試合を録画中継予定 (メインイベントの放送は諸事情により、ございません)
■お問い合せ:KIAI PROJECT03(5778)4995

山宮 恵一郎選手プロフィール
■格闘技歴:レスリング7年総合格闘技8年
■タイトル:ネオブラット97年優勝、初代パンクラスライトヘビー級王者
■生年月日/出身地:1972年7月12日神奈川県茅ヶ崎市出身
■身長/体重:177cm/90kg
高校からレスリングを始め、国士舘大学時代は関東選手権で2位の実績をあげる。1995年パンクラス入門テストに合格。翌年、第3回ネオブラットトーナメントで見事優勝を果たした。又、他団体への出場経験も 豊富でUFC−JやDEEPなど、世界のトップファイターと死闘を演じた。2000年9月には2大会に渡って行われた厳しいトーナメントを勝ち抜き、初代ライトヘビー級チャンピオンに輝いた。 その後は、より「強さ」を求め2003年11月GRABAKAに移籍。弱点であった寝技の克服に積極的に努めた。 元々定評があった打撃とレスリングに寝技を加え現在も進化中。

第6回 掣圏真陰流トーナメント出場選手プロフィール
■立原 基大(ピンクタイガーモンスター軍)178cm 83kg
第5回大会出場 全国自衛隊レスリング大会3位、アマチュアコンプリートファイティンク優勝
日本スポーツ柔術選手権優勝、東日本サンボ選手権3位。
■加藤 誠 (ピンクタイガーモンスター軍)174cm 74kg
第4&5回大会出場、第1回アマチュアパンクラス80kg以下級準優勝、2000年アマチュアシュートボクシング東海大会優勝・CMA-KPW第2代王者、第5回「藤原藤魂祭」F2ルール75kg以下級準優勝。(WKA世界ムエタイライト級王者、小林聡推薦選手)
■坂上 崇大(IMNグラップリング)
初出場 正道会館でキックボクシング、柔術を修行した技術をもとに、入江秀忠率いる「キングダム・エルガイツ」でも活躍。1年ぶりに、海外より帰国、1年半振りの日本格闘技界復帰戦に闘志を燃やす。
■井上 敦(ストライプル)182cm 80kg ブラジリアン柔術紫帯。
初出場 正道会館で空手、柔術の修行後、1998年夏「K−1BUSHIDO」で、総合の試合も行う経験を持つ。柔術世界大会にも出場経験を持つ。
■細江 俊裕(截空道相楽本部)176cm 74kg
第1回、第3回、第5回(3位)大会出場 
日本グローブ空手力炎館大会準優勝、関西実践空手大会中量級準優勝
■牧山 勇樹(截空道総本部)170cm 78kg
第5回大会出場
大阪グローブ空手大会ベスト8
■嶋田 昌洋(截空道総本部)174cm 72kg
第4回大会出場
2000年&2001年 『極真全日本大会』ベスト8、『極真大阪冬の陣』3位 
『大阪城杯』ベスト8
2000年3月26日 『グローブ空手G3部門』MVP(2戦2勝)
■戸高 陽平(截空道総本部所属、内弟子生)170cm 70kg
初出場 平成14年高校少林寺全国大会優勝、平成17年ファイティング空手新人戦優勝

掣圏真陰流トーナメント試合規定
1.試合時間:5分1R (決勝のみ7分1R)
2.試合用具:掣圏真陰流「スーツ型道衣」・オープンフィンガーグローブを着用
3.階級:95kg以下級
4.有効技:パンチ・キック・膝蹴り・タックル・投げ・絞め・関節技・グラウンドでの打撃(限定)
  ※以上の攻撃は道衣を掴んでおこなっても良い
5.反則:頭突き・肘打ち・噛み付き・目つき・金的
      ・後頭部への打撃(蹴りで正面から巻き込むのは可)
      ・グラウンドでの顔面への踏みつけと膝蹴り・試合場の施設を利用(ロープ等)
      ・自ら膠着を誘発するような動き・礼儀を失した言動(即失格 →勝ちの取り消し)
6.ブレーク:主審が膠着とみなした場合は即刻「ブレーク」を宣告しスタンド状態で試合再開
 ※市街地戦想定のためブレークは早目となる
7.勝敗:「一本」
      ・KO(打撃や投げで完全にダウンした場合)
      ・TKO(主審・ドクターによるストップ)・関節技、絞め技による「ギブアップ」表示
      「判定」
      ・主審1名・副審2名による旗判定。引き分け、延長戦は無し
平成18年3月1日現在
掣圏真陰流


2006.01.26
パンクラス『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』
開催日時:2006年01月26日(木) 開始18:30
開催場所:後楽園ホール
■第5試合 ミドル級戦 5分2R
  ○瓜田幸造(掣圏会館) vs 福田 力(KILLER BEE)×
  1R00分40秒KO スタンディングパンチ
■セミファイナル 第2代ヘビー級王者決定トーナメントAブロック第2試合 5分2R
  ○桜木裕司(掣圏会館) vs 佐藤光留(パンクラスism)×
  1R00分55秒KO グラウンドキック


20172016 | 201520142013201220112010200920082007200620052004|2003|2002|2001|2000
 
Copyright©seikenshinkageryu All rights reserved.
当サイトで使用されている写真及び文章等の無断転載を禁じます